30代既婚男子の現実(リアル)

30代既婚の属性を持つ男子が書く雑記ブログ

30代既婚男子の性生活

どうも、いためしです。

ブログタイトルに当てはまった内容を書いてみようと思います。

あけっぴろげに、正直に。

 

まずは私の状況から

私は31歳、妻も31歳。

子供は2歳でイヤイヤ期に突入しております。

 

妻が妊娠してから約3年で、夜の営みは約5回?ぐらい。

妊娠安定期に1、2回?出産後に2、3回ぐらいのはず。

 

妻は元々、性欲が旺盛でした。私も旺盛でした。

また客観的に見てもナイスバディで、元々同棲してましたが結婚してからもそれなりにお盛んだったと自分でも思います。

 

セックスレスです

そこからはよくある話。妊娠を機になんとなーくしなくなり、子供が出来てさらにしなくなり、今となってはどうやってやったらいいものかということで完全なセックスレス状態です。

 

妻はどうしたいのかよくわかりませんが(そもそも、これが良くないと思いますが)、私は性欲はあるけど、それが解消できれば何でも良いといった感じで。

特別妻を抱きたいという感情はありません。

(書いてて何だか寂しい気持ちになってきました。笑)

 

なんとなく、した方がいいかなーという感じて出産後に数回してみたのですが、やっぱりなんか違います。

そりゃそうですよね、した方がいいかな、なんて気持ちでやってたら。

探り探り、どうやってたか何て事考えながら、恐る恐る。

そんなん楽しい訳ありません。

 

「女じゃなくてお母さんになってしまった」

というような事がよく言われますが、その通りです。

他の人のお母さん=人妻 なら興奮するのに。おかしな話です。

 

セックスレスを解消しようとは思ってない

結局、したいのは愛の有るセックスとかそんな教科書通りの回答ではなく。

大事なのは「お互いに」という事。

お互いにめちゃくちゃ興奮して、エロい気持ちになって、ぶつかり合うように抱き合って、汗だくになって。

そういうのがしたいんですね。そうじゃないですか??

 

そんなのは、もう無理です。

それを伝えたら良いといわれそうですが、それが無理。

そもそも伝えた上でやってもらうのは違う。やってもらうってのが違う。

そんな関係になっている事が一番ダメ、と言われたら言い返す言葉はございません。

 

でも結局、そういうセックスって風俗に行ってもできないから。

ただ抜きたいだけとは違うので、闇が深い。

解決のしようがない。

 

これって・・・

これって性欲というよりも承認欲求なのでしょうか。

単純な性欲は自分で慰める事もできるし。

 

これが今後一生満たされない、という事を考えるとたまに暗くなります。

 

どうでしょうか??

 

 

 

 

かつて元カノにアムウェイに勧誘されて悲しかった件

どうも、いためしです。

今回はアムウェイが嫌いという話を書きます。

f:id:real30life:20170409234534p:plain

※尚、この記事は筆者の偏見と勝手な憎悪で出来てますのでご承知下さい。

 

予備校生だった私

今から10年以上前、大学受験に失敗した私は地元の小さな予備校に通ってました。

あまりに小さい予備校だったので、浪人生は私含め5人程度であり、受験対策の授業は夕方以降に現役の高校生と一緒に受けていました。

 

そこで一目惚れしたのが、制服が良く似合うロリ顔の翔子ちゃん

(相田翔子さんによく似ていた、品の良いお嬢さんでした。)

f:id:real30life:20170409225331j:plain

それはそれは可愛くて・・・

何とか近づきたく同じ授業で近くに座り、勇気が出ない日々を何度も何度も繰り返し、やっとの思いで声を掛け、途中まで一緒に帰る事から始め、公園でお喋りして・・・

 

受験が終わったのを見計らって、一世一代の告白をしOKを貰う事が出来ました。

尚、受験はお互い第一志望に合格する事が出来ませんでした。

 

大学生になった私

それぞれ別の大学に入り、私はマリンスポーツの体育会に入部、翔子ちゃんは平日練習があるオーケストラ部に入部。

平日は翔子ちゃんが部活、土日は私が部活で完全にすれ違いの生活でした

さらにお互い実家も自転車で40分ぐらいかかる距離にありました。

それでも、翔子ちゃんが大大大好きだった私は、何とか時間を作り平日の夜駅でまって30分お話するだけみたいな事をずーっと繰り返してました。

 

・・・3年間も。

この間セックスはおろか、キッスのひとつもございません。

 

童貞は高校の時に捨ててたのですが、結局セカンド童貞が2年半年間続きました。

この辛さ、わかるでしょうか。

大大大好きすぎで、何も出来なかったんです。時間が無かったというのは言い訳です。

セカンド童貞のキャリアが長くなればなるほど、ビビッてどんどん何も出来なくなりました。

でも、それでも満足してました。大大大好きだったので。

 

突然来た別れ

そんなこんなで3年生になりました。

私は部活で良い成績を残し始め、夏から秋に掛けて遠征の日々。

翔子ちゃんは念願かなって、カナダに留学へ。

約2か月の会えない時間が過ぎ、遠征の合間を縫っていつものように最寄り駅で待ち合わせ。

なんか空気がおかしいな?と思ってた矢先に出た言葉が

「別れたい」

「好いてくれるのは嬉しいが、気持ちに応えられない」でした。

 

言った後、翔子ちゃんは泣き出してしまいました。

ちょっとまってくれ、泣きたいのはこっちだよ、と。

大大大好きなのに。キスもしてないのに。てかエッチもしてないのに。

 

突然の事で動揺しながらも、別れたくない旨を懸命に伝えますが想いは届かず。

その場でお別れし、私はまた遠征へ向かいました。

・・・電車の中で女々しくシクシク泣きました。

 

諦めませんでした。

それからの私はというと、この約3年間我慢していたものが封を切られたかのように、遊びに遊びました。

なんだか、別れたとたんモテたんですねえ。

人生に3回あると言われるモテ期、実感したのはこの1回だけですね。

 

そうして、失意のままに行きずりの女性と寝たり(笑)、ナンパした女性と寝たり(笑)、好意を持ってくれる女性と寝たり(クズ)する生活を送りました。

が、満たされません。

何故なら、翔子ちゃんが大大大好きだから。

そらそうですよ、嫌いになって別れた訳じゃないので。

 

ということで、4年生の1年間を掛けて、約3回ほどヨリを戻したい旨の告白をしました。

ですが、当然NG。悲しい。

 

本当に最後の告白で・・・

月日は流れ、大学卒業後。

東京での就職が決まっていた私は、状況1日前に本当の本当に最後ということで、翔子ちゃんをご飯に誘います。

昔よくデートで行った、地元の雰囲気の良い居酒屋さん。思い出の場所です。

ここで、電話では話していましたが改めて東京に行く旨とヨリを戻したい気持ちを伝えます。

ですが、すでに彼氏が出来たとの事でヨリを戻すのは改めてのNG。

しかしもうこれには慣れてました。

というか、もうこれで最後と思っていたので吹っ切れました。

そこからでした。

 

「一人暮らし大変だね・・・良かったらこれ使って」

見たことの無い洗剤と、なんか青い字でAmwayと書かれたカタログを出しました。

 

「スーパーとかでは売ってない洗剤なの」

「すごく良いものだから口コミと人のつながりだけで販売してるんだ」

「他にもこんなに日用品があるんだよ(カタログをめくる。)」

「とりあえず就職はするけど、こういうネットワークビジネスでいずれは生計を立てたいんだ。」

 

私は、これがなんなのかはその時点で知識があったので、何が起こっているのか全て察したのですが、翔子ちゃんは一点の曇りも無い目で真剣におススメしてきます。

 

結論

・私をカモにしようとしてすすめてきたのか

・本当に製品の良さ信じていて100%の善意ですすめてきたのか

・誰かに洗脳されていたのか

・当時の彼氏にすすめらたのか

・もともとそういう目的で近づいて来たのか

今になっても全くわかりません。今後もわかる事はありません。

 

ですが、ひとつ言える事はめちゃくちゃ萎えたという事。

上記のどれが理由であっても悲しすぎます

最後の最後のお別れの時に、ネズミ講ネットワークビジネスの勧誘て。

 

・・・というような事があったので、大切な時間と大切な思い出をぶち壊しにした元凶のアムウェイは大嫌いです。

(勝手な逆恨みという事は重々承知しております。)

 

以上です。

 

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入出来なかった話

どうも!いためしです。

 

今回は個人型確定拠出年金に入りたくても入れなかった話を書きます。

同じような人が結構いるんじゃないかと思ったんですが、ネットで検索してもあまり出てきません。

ご参考になれば幸いです。

f:id:real30life:20170330235155p:plain

個人型確定拠出年金iDeCo」って?

加入者が月々の掛金を拠出(積立)し、予め用意された金融商品で、運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

www.dcnenkin.jp

 

細かい事は上記のHPを見ていただければと思いますが、何が一番嬉しいかというと

「節税できる」

これに尽きると思います。

運用益はその時々の相場にもよりますが、拠出する掛け金の所得控除分は必ず得られるリターンです。

 

超低金利のこのご時世、サラリーマンが何とか手に残るお金を増やそうと思うとこういう制度は積極的に活用していくべきだと思います。

 

誰が入れるの?

法改正があり、2017年1月から20歳から60歳までの方は原則加入ができるようになりました。この原則がミソです。

加入できないのは・・・

①自営業などの第1号被保険者で国民年金保険料を免除を含めて納めていない方

→そりゃそうですよね。


②企業型確定拠出年金の加入対象者で、個人型確定拠出年金iDeCo」に入ることが認められていない方

→今回これにひっかかりました。

 

加入の条件

個人型確定拠出年金に加入するには、以下の条件があります。

「企業型確定拠出年金加入者が同時に個人型確定拠出年金に加入するには、企業型確定拠出年金にマッチング拠出を導入せず、規約に個人型確定拠出年金を利用できる旨を定める必要がある。」

 

私が勤めている会社はバッチリ「個人型確定拠出年金を利用できる旨」を規定していませんでした。

 

所感

まだまだマイナーなiDeCoの加入者を増やそうと、「誰でも入れる」「サラリーマンでも加入できる」と煽っているように感じます。

が、私のように企業型確定拠出年金に加入しているサラリーマンの方は今一度、自社の制度を確認してみたほうが良いかもしれません。

 

そもそも、この制度っていうのがなかなかわかりにくい!

「企業型確定拠出年金」「個人型確定拠出年金」って長ったらしい漢字ばかり出てくるし、証券口座は通常の口座と別に作らないといけないし、書類は会社に書いてもらわないといけないし。。。

※加入にあたり、以下の記事を参考にさせてもらいました。

www.kotsu2life.com

 

まとめ

そもそも自分が入れるのか?入れないのか?が良くわからない人は、とりあえず勤めている会社のしかるべき部門に問い合わせてみましょう。

入れない場合はその理由まで丁寧に教えてくれました。

ネットに色々と条文や規約、加入可否のフローチャート、Q&Aなどありますが、

 

のが一番手っ取り早くて効果的だと思います。

 

今回は私の失敗談に基づいて記事を執筆させて頂きました。

(あれやこれや調べ、書類を取り寄せ、会社の総務に送り付けた所で加入できない事がようやく分かった私です。完全に勉強不足でした。)

ヒッチハイクのススメ

どうも!いためしです。

ダラダラと書き続けたヒッチハイクネタもこれで最後です。

 

f:id:real30life:20170320235636p:plain

ヒッチハイクのメリット

ヒッチハイクの良いところは、色んな人が色んな事を言っていると思いますが、私はこれが一番だと思います。

・最高の思い出になる!

なんて言ったってこれにつきます。

楽しいことやしんどいことなど色々あると思いますが、全部ひっくるめて最高の思い出です。

なんたって10年前の事を思い出しながらこの記事を書いてますが、今でも乗せてもらった人の顔まで含めて、色んな事が鮮明に思い出せます。

こんな事、普通の旅行では絶対あり得ません。

それだけ、全てが新鮮でインパクトのある事だったんだろうなーと思います。

 

また、ヒッチハイクの話は人に話すとめちゃくちゃウケます。

そりゃそうですよね、同じ経験した人なんてほとんど居ないんですから。

私は既に就職が決まってましたが、就活とかで話せるネタにもなると思いました。

 

他にも以下のような良いことがありました。

度胸がつく(人前で何かやるのが怖くなくなります)

人の優しさに触れられる(こんなにもみんな優しいのかとビックリ)

色んな話が聞ける(普段絶対に話さないような人と会話が出来る)

 

また、移動手段としては思った当然ですがコストがかかりません

夜行バスなど格安の交通手段は様々ありますが、基本的に0円です。

 

ヒッチハイクのデメリット

私は超楽勝で大阪~鹿児島間を往復出来てしまったので、ほとんどデメリットっぽいことを感じなかったのですが、あえていうならこれかと。

・時間が読めない!

これにつきます。

なんたって、いつ車が捕まるかわからないし、捕まった車がどこまで行くかもわからない。

基本的に予約するようなものは無理です。遠くになればなるほど。

人との約束も厳しいですね。

あとは以下ぐらいですかね・・・

とはいっても危ない目に会う可能性(特に女の子は怖いかも)

疲れる(お金払った方が絶対に楽)

 

ヒッチハイクのススメ

ということで、時間の有り余っているような人にとってはかなり有効な移動手段だと言えます。

みんな、思っている以上に乗せてくれます。

基本的に、「清潔感のある恰好で」「ニコニコして」れば何とかなります!マジで(笑)

 

ヒッチハイクをやってみたい人が、何の因果かこのページにたどり着いたときに、その背中を一押しすることが出来れば幸いです。

(ただし、くれぐれも自己責任で。)

 

ヒッチハイクで大阪-鹿児島を往復した話その5

どうも!いためしです。

書き始めると思いのほか長くなってしまったヒッチハイクの話。

全然ブログのタイトルと関係無いし。。。

復路の話を書いていきます!

 

鹿児島中央駅桜島SA(鹿児島)

鹿児島をすっかり満喫した私は、3日後に控える友達との旅行に備えて大阪に帰る事にしました。

正直、お金もあったし夜行バスで帰ろうかな、という甘い考えも浮かんでました。

 

が、やはりそれでは面白くない!ということでヒッチハイクで大阪に帰る事に。

前日の夜宿泊したネットカフェで、鹿児島中央駅から一番違いSAを調べました。

一番近い(当時)SAは桜島SAとのこと。

当日朝6時にネットカフェを出発し、電車に乗ってSAの最寄り駅まで。

しかし流石に鹿児島。駅からSAまで30分、いやそれ以上は歩いた記憶があります。

お土産でパンパンのリュックを背負っていたので、これが一番きつかった。。。

 

桜島SA(鹿児島)~広川SA(福岡)

桜島SAで「福岡」と掲げる事約30分、同年代のカップルに拾ってもらう。

ヒッチハイクを見るのが初めて、ということで車内では質問攻めに。

ここでもお菓子をもらいました。

最後は広川SAで記念撮影をして、お別れ。

ものすごくいい人で、夜には心配して電話までくれました。

 

広川SA(福岡)~古賀SA(福岡)

広川SAで記念撮影をしている様子を見ていたサラリーマンがすぐに声を掛けてくれました。

名刺交換をしたところ、畜産関係の社長とのこと。

寒い時期に一人でガッツあるねー!などとめちゃくちゃお褒めの言葉を頂く。

古賀SAまで送って行ってもらってお別れ。

 

古賀SA(福岡)~加古川駅(兵庫)

そうこうしている内に、外は雪がちらついて来ました。

そして時間は12時過ぎ。たまらずレストランでランチ。

そういやヒッチハイク中に自分でお金を使ったのこれが最初で最後。(笑)

ランチを済ませ、トイレ前でヒッチハイク開始。

10分ぐらいでサラリーマン風の方に声を掛けていただく。

どうやら福岡での単身赴任から兵庫まで引き上げてる最中、とのこと。

・・・勝った!

これで無事に関西に帰れるのが決まりました。

車は荷物がパンパンに入ったプロボックス。いかにも社用車といういで立ち。

f:id:real30life:20170326160836j:plain

休みながら約8時間ぐらい。相当色んな話をしました。

車内には本当に二人だけなので、ずーっと喋ってましたが話が合い、苦痛ではなかった記憶があります。

 

ヒッチハイク終了

加古川駅で10時前にお別れして、あとは電車で帰りました。

(とは言っても、疲れてたので。。。)

 

往路は4台で鹿児島まで行けて、めちゃくちゃツいてるなーと思ってましたが、復路はそれを上回る3台。

自分で言うのもなんですが、運良すぎる!

 

行く前に色んな人の体験記を読みましたが、こんなに楽勝だとは思いませんでした。

 

次回はまとめを書きたいと思います。

ブログを書くのに難しく考えすぎていた話

どうも!いためしです。

ブログを始めて約1週間。

毎日1記事書くという目標を早速破りました。

今日はそれについて考えた事を書きたいと思います。

 

気負いすぎていた

私は「書いた記事が誰か1人でも役に立つ記事になれば」と思ってブログを立ち上げました。

最初は、自分がこれまでに一番役に立ったと思われるヒッチハイクの体験記を書くことにしました。

ヒッチハイクをしようと思っている人が、何らかの検索で辿り着いたときに役に立つ記事であれば良いと思いました。

ですが、書き進めていくうちに「役に立つ記事でなくてはいけない」と、知らず知らずのうちに思ってしまっていたのです。

 

そう思ってしまったが最後、筆が全く進まなくなりました。

仕事で疲れて帰ってきたり、飲んで帰ってきたらもちろんです。

記事のストックも増えません。

f:id:real30life:20170327003556j:plain

書くことなんて何でも良い

そもそも、こんなインターネットの端くれにあるブログに誰が来るんだって話です。

開設したばかりなので、アクセス数なんて言わずもがなです。

そもそも、雑記ブログと謳っている以上何かいても良いはず。

てか、誰にも何も強制されてないし。

好きな事を好きなだけ書けば良い。これに今更気づきました。

 

今後なにを書こうかな

改めて何書いても良いって気づいたけど、今後何を書こうかな。

思いついたテーマを備忘含めて以下に記しておきます。

・30代既婚男子の性生活

・清潔感の重要性

・最高のフォールディングバイク、Brompton

アムウェイに誘われて悲しかった話

鎌倉シャツ、TIE STATION

・30代既婚男子のリアルなお金の話

・愛してやまない焼酎「三岳」の話

 

んーもっともっとネタを集めないとすぐにネタ切れするな・・・

1年間ぐらいは何とか更新を続けたい所存です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

ヒッチハイクで大阪-鹿児島を往復した話その4

どうも!いためしです。

毎日更新を掲げて始めたブログ、あっさり目標を破ってしまいました。。。

仕事と飲み会が重なるとどうしてもダメですね。

記事はストックしたいのですが、なかなかそれも難しく。

 

ということで前回の続きから書きたいと思います!

 

古賀SA(福岡)~宮原SA(熊本)

社長と別れ、「鹿児島」と掲げたスケッチブックを掲げること約20分。

自分の両親ぐらいの夫婦とおばあちゃんに声を掛けてもらいました。

ワンボックスの真ん中に座らさせてもらい、途中の宮原SA(熊本)まで送ってもらいました。

おばあちゃんは本当に世話を焼いてくれて、パンをくれたりお菓子をくれたりお土産をくれたり・・・

最後は宮原SAでなんと私に代わり色んな人に声を掛けて勝手にヒッチハイク交渉までしてくれました。(笑)

 

宮原SA(熊本)~鹿児島中央駅

家族と別れ、宮原SAでヒッチハイク開始。夕方に近づいていたので早々に進みたいと思ってたところ、おじいさんが遠くから手招きで呼んでくれました。

近づいたところ「ジュースいるか?」とのこと。

この頃には人の行為に甘える事に慣れきっていたので、早速ご馳走になりました。(笑)

おじいさん二人に乗せてもらったのですが、方言がきつ過ぎて何言ってるかほぼわかりません。。。

まぁけどニコニコしとけば何とかなりました。(笑)

最後に名刺を頂いたところ、地元の会社の社長さんでした。

f:id:real30life:20170326153847j:plain

往路終了

 

ということであっさりと往路終了!

乗り継いだ車は4台。

時間は約30時間。(1日目15時~2日目21時)

ぐっすりホテルで眠っている時間を含めてこれなので、かなりラッキーでした。

 

一番最初桂川PAで2時間捕まらなかった時は心が折れかけたけど、最初の一手が超ラッキーすぎでその後はツキもありとんとん拍子で鹿児島まで来れました。

 

なんだかこんなにあっさり来れていいの?ってのが正直な感想。

3日ぐらいかかるものと見込んでいたので拍子抜け。

ゲストハウスに泊まり、次の日に屋久島に向かいました。

(屋久島までは普通にフェリーでいきました。)

 

屋久島に約1週間滞在し、ついでに鹿児島本土もレンタルバイクで観光。

余裕が出来た時間を使い一人旅を満喫。

スマホなんかなくても、地図さえあればどこでも行けました。

今はそんな余裕ないけど。。。

 

 

次回、復路とまとめを記載します。