読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代既婚男子の現実(リアル)

30代既婚の属性を持つ男子が書く雑記ブログ

ヒッチハイクで大阪-鹿児島を往復した話その5

どうも!いためしです。

書き始めると思いのほか長くなってしまったヒッチハイクの話。

全然ブログのタイトルと関係無いし。。。

復路の話を書いていきます!

 

鹿児島中央駅桜島SA(鹿児島)

鹿児島をすっかり満喫した私は、3日後に控える友達との旅行に備えて大阪に帰る事にしました。

正直、お金もあったし夜行バスで帰ろうかな、という甘い考えも浮かんでました。

 

が、やはりそれでは面白くない!ということでヒッチハイクで大阪に帰る事に。

前日の夜宿泊したネットカフェで、鹿児島中央駅から一番違いSAを調べました。

一番近い(当時)SAは桜島SAとのこと。

当日朝6時にネットカフェを出発し、電車に乗ってSAの最寄り駅まで。

しかし流石に鹿児島。駅からSAまで30分、いやそれ以上は歩いた記憶があります。

お土産でパンパンのリュックを背負っていたので、これが一番きつかった。。。

 

桜島SA(鹿児島)~広川SA(福岡)

桜島SAで「福岡」と掲げる事約30分、同年代のカップルに拾ってもらう。

ヒッチハイクを見るのが初めて、ということで車内では質問攻めに。

ここでもお菓子をもらいました。

最後は広川SAで記念撮影をして、お別れ。

ものすごくいい人で、夜には心配して電話までくれました。

 

広川SA(福岡)~古賀SA(福岡)

広川SAで記念撮影をしている様子を見ていたサラリーマンがすぐに声を掛けてくれました。

名刺交換をしたところ、畜産関係の社長とのこと。

寒い時期に一人でガッツあるねー!などとめちゃくちゃお褒めの言葉を頂く。

古賀SAまで送って行ってもらってお別れ。

 

古賀SA(福岡)~加古川駅(兵庫)

そうこうしている内に、外は雪がちらついて来ました。

そして時間は12時過ぎ。たまらずレストランでランチ。

そういやヒッチハイク中に自分でお金を使ったのこれが最初で最後。(笑)

ランチを済ませ、トイレ前でヒッチハイク開始。

10分ぐらいでサラリーマン風の方に声を掛けていただく。

どうやら福岡での単身赴任から兵庫まで引き上げてる最中、とのこと。

・・・勝った!

これで無事に関西に帰れるのが決まりました。

車は荷物がパンパンに入ったプロボックス。いかにも社用車といういで立ち。

f:id:real30life:20170326160836j:plain

休みながら約8時間ぐらい。相当色んな話をしました。

車内には本当に二人だけなので、ずーっと喋ってましたが話が合い、苦痛ではなかった記憶があります。

 

ヒッチハイク終了

加古川駅で10時前にお別れして、あとは電車で帰りました。

(とは言っても、疲れてたので。。。)

 

往路は4台で鹿児島まで行けて、めちゃくちゃツいてるなーと思ってましたが、復路はそれを上回る3台。

自分で言うのもなんですが、運良すぎる!

 

行く前に色んな人の体験記を読みましたが、こんなに楽勝だとは思いませんでした。

 

次回はまとめを書きたいと思います。